子供の時から将来のために英語を塾で学んでおく

合否を決める大切な科目

勉学

書き方を事前に決めておく

志望している大学によっては、受験科目のなかに小論文が含まれています。小論文は、差の付きやすい部分なのできちんと対策をしてから本番当日を迎えられるようにしましょう。小論文の試験では与えられたテーマに対して自分の意見を論理的に書くことが求められますが、時間を効率よく使うためにもあらかじめテンプレートを用意しておくのがおすすめです。小論文の書き方を準備しないまま試験に臨むと焦りからパニックに陥ってしまう可能性が高く、その結果としてダラダラと感想を書いただけの作文になりがちです。こういった答案では高得点を取ることは難しいですし、あまりに酷いようならその時点で不合格が決まってしまうことすらあり得ます。事前に小論文の書き方を決めておけばこの部分をゼロから考えなくて済む分だけ時間的な余裕が生まれますし、それによって難しい課題が与えられたとしても落ち着いて取り組めます。さらに、構成が論理的な小論文は見た目がとても美しく、採点をする人に対して好印象を与えられますからその意味でも高得点を期待できます。ちなみに、受験勉強というとひたすら量をこなすべきというイメージを持たれがちですが、小論文に限って言うとひとつずつ丁寧に取り組むのが大切です。その意味では通信教育等の小論文添削を受講してみるのも効果的で、ひとつの問題を通して書き方から表現方法までこと細かく学べるので着実に成績を伸ばせます。大学受験というとどうしても英語や数学などのメイン科目に意識が向きがちですが、意外と小論文の得点が合否を左右しています。